【トロちゃんさんからの質問】

5月半ばに届いたのですが、私の住む東北地方はまだ気温が
あまり高くなく、夜になると気温10度を下回ってしまいます。

その為日中は外の日当たりのいい場所→夜は室内へ戻す作業を
毎日繰り返していたのですが、移動中に苗を揺らしてしまうせいか、
今まで確認できる限りでツボミが10個以上落ちてしまっています。
(ちなみにお花はなんとか1つ咲いています!)

これから梅雨に入ると気温は更に下がり、
雨に当たるのも良くないと聞きましたので、
夏が来るまでは室内の日がよく当たる出窓で育てたいと思うのですが
大丈夫でしょうか?
それともやはり、多少気温が低くても
外で直射日光を浴びせてあげたほうがいいのでしょうか。
毎日帰宅するとプルメリアを真っ先に確認するのですが、
今日も2つツボミが落ちていて本当にショックで悲しくなります。

お手数をお掛けしますが、お返事お待ちしております。

 

【回答】

蕾が咲かずに落ちてしまうのはやっぱりショックですよね。
状況も把握できましたので、ご説明いたします。
今回は、複合的な環境変化などによって落ちたものと思われます。
大切にしすぎてしまうと、本来放置で良い庭木的な植物なので
おなかを壊してしまったような感じです。

まず、ベランダには出しっぱなしにしていただきたいのと、
お水はもっと乾いてから与えるようにしていただき、
肥料はNG(特に液肥は効きすぎてしまうことがあります)
そして、日陰でダメということではありませんが、蕾が落ちる原因となったかもしれ
ません。

陽を沢山当て、お水やりも頻度を減らし、肥料を与えず、置き場所を変えず
放任な感じで育てて頂くと、体調も良くなってくると思います。

葉にはどんどんお水をかけて頂き、
鉢の中にはしっかり乾いてから与えたほうが良いです。

<僕個人は、こんな感じで育てています>
ここ数日はお天気も良くないですし
4日ほどお水は与えてないです。
しっかり乾かして、締めてやることで、節間も詰まりますし
茎も固く育ってくれるので、かなり厳しく育てています。

水枯れ気味で、葉が黄色くなったころにお水をあげる感じです。

葉には毎日大量のお水で葉を洗い、
ハダニを予防しております。
ラフな感じで育てて頂ければと思います。(^^)