プルメリアの冬越し。

これって、結構苦手にしている方、ホント多いですよね。
上手くいかなくて、一部壊死しちゃったりとか、

そんなご相談、かなり多いです。

なので、ちょっと時系列で説明していきます。

 

<12月~1月頃>
最低気温が5度くらいになったら、外に出してあるプルメリアの水やりを止めます。
で、そのまま寒さに慣らすため、最低気温2度くらいになるまでは外に出しておきます。

<1月~2月>
プルメリアを室内に取り込みます。日当たりの良い場所というよりも
窓際で、窓から50センチほど離した場所に置きます。
窓にあまり近すぎると、冷え過ぎて霜焼けのようになってしまうため
最低50センチは離した方が良いです。

<水を切ると落葉してきます。>

下の画像のように、冬場は葉が枯れて落ちます。
これは気温が低いからという事ではなく、
水を切ることによって葉が落ちている状態です。

寒い状態で水を与えると、根が冷えて死んでしまうため
水を切ることにより仮死状態にしているわけです。

現地では雨季と乾季がありますので、乾季を体験させているような状態です。
プルメリアは幹に水分を蓄えているため、サボテンのように水を切っても生きています。

fuyugosi-2

 

<冬越し中の水やり>

特に、ジャングルジャックスのプルメリアに関して言えるのですが
※ミニチュア系のプルメリア

下の画像のように幹にシワがよってきたら、
コップ1杯程度のお水を与えることが大切です。

fuyugosi-1

このタイミングでお水を与えないと、水切れを起こし
先端から壊死してしまうことがまれにあります。

尚、ジャングルジャックス以外のプルメリアは
この状態になってもお水を与えなくても大丈夫なことが多いです。

お水を与える際は、暖かい時間帯にしてください。

品種特性とはいえ、このコップ1杯のお水がかなり大切です。
期間としては環境にもよりますが、2~3週間に1度くらいのタイミングです。

<3月~4月>
気温が少しずつ高くなってくる時期ですが、
お彼岸を過ぎるまでは雪が降ったり、寒の戻りがあるため
3月中はまだ室内のほうが無難です。

室内であれば日中15度くらいまで暖かくなることもありますし
暖房を入れていれば、20度近くになることもあると思います。

室内の最低気温が12度~15度であれば、
お水やりを開始しても大丈夫です。

僕の場合には4月になってから外に出し
水やりを開始しました。

<マンションなどの場合>
冬でも室温がしっかり保て、日当たりが良い場合は
冬越しというよりも室内で育てている感じになることがあります。

特に都内のマンションなどに多いのですが、冬場でも20度くらいの室内で
日当たりもよく、プルメリアを休眠させる必要がないことがあります。

その場合には、無理に休眠させず、通常通りの水やりをすることで
葉を茂らせたまま、室内で冬を越すことが可能です。

特に、床暖房が入っているようなお家の場合
休眠させず、通常通りの水やりで室内で育てると
花芽が付いたり、よりよく成長しますので、
タイやハワイと同じような環境となるため
大きく育ち、幹も太くなるのが早くなります。